書道JAPAN 日本語学習を楽しむ新たな方法!英語で日本の書道を学べるオンライン書道教室

Contact English 日本語

shodo japan

  • home
  • what is
  • courses
  • e-learning
  • shop
  • who we are
  • voices
  • request
  • faq

無料体験について

q 無料体験レッスンはありますか?
a マイアカウントを登録後に「無料レベルチェック」にて体験ができます。
作品提出から添削までをレベルチェックを受けながら体験することができます。
但し、Skypeレッスンの体験はできません。
q 無料レベルチェックの有効期限はありますか?
a 有効期限はありませんが、初めてマイアカウント登録した方で、コース選択をし受講を開始する前の方のみがご利用いただけます。
コース受講後は、無料レベルチェックのご利用はできません。

登録情報の変更・ご利用などについて

q 登録されているメールアドレスはどこで確認・変更できますか?
a メールアドレスの確認・変更は、マイページ内の左側メニュー「ユーザー情報変更」から行えます。

q 登録したSkype名を変更することはできますか?
a はい、登録したSkype名を変更することは可能です。
マイページ内の左側メニュー「ユーザー情報変更」から行えます。

q メールマガジンの配信をとめたいのですが、どうすればよいですか?
a メールマガジンの配信停止はこちらよりお手続きいただけます。
q 講師とのレッスン内容の画像や動画を自分のHPなどに掲載できますか?
a レッスン中の講師の画像や動画の無断掲載は規約で禁止しております。
無断掲載が発覚した場合には強制退会などの処置を取らせていただく場合がございます。
q 法人や団体での契約は可能ですか?
a はい、可能です。
お問い合わせフォームよりご希望内容を記載のうえ、ご相談ください。

会員登録について

q E-LEARNING ROOMの登録の際、入会金は必要ですか?
a E-LEARNING ROOMでは、入会、登録は無料です。
各コースの受講料のみとなります。
q 一つのアカウントで二人以上の利用はできますか?
a いいえ、一つのアカウントで二人以上のご利用はできません。
生徒の方、お一人お一人についてレッスンの習熟度を管理しているため、たとえご家族でも別々に登録する必要があります。
q 書道JAPANでは親のアカウントを子供と共有できますか?
a 書道JAPANのアカウントは、原則1アカウント1名での利用となっております。
お子様に関しましても別のアカウントをご登録ねがいます。
登録作業に関しましては、お子様おひとりで難しい場合、保護者さまご確認のもとお願いいたします。
書道JAPANでは習熟度・進捗状況などの管理はアカウントごとに行っております。
レッスンを受講される方が変わってしまいますと、管理ができなくなってしまいます。
q 同じメールアドレスで複数のアカウントを登録できますか?
a いいえ、同一のメールアドレスで複数のアカウント登録はできません。
q 登録がうまく完了しません
a 登録できない画面、エラーメッセージなどの詳細を添えて、「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

q Skype名を登録しようとするとエラーとなり登録ができません
a 以下の場合に、Skype名が登録できずエラーとなってしまいますのでご確認いただけますようお願いいたします。
・以前に書道JAPANで登録したことのあるSkype名
・Skype名に登録できない英大文字や@などを登録しようとしている
上記に該当しない場合、と登録しようとされているSkype名を「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

退会・再入会について

q 休止制度はありますか?
a 受講コースの一時休止が可能です。
今週は予定が合わない、などという方のために休止が可能です。
1回につき5日間までの休止が2回。トータル10日間の休止が可能です。
「マイページ - 受講履歴」よりお手続きをお願いします。
q 期間を指定しての休止や退会はできますか?
a 期間を指定しての休止や退会は行えません。
q 退会の手続き方法を教えてください
a 各コースの退会をご希望の場合は、こちらより解約手続きが行えます。
なお、解約手続き後も有効期限までは引き続きご利用いただけます。
q 退会時に個人情報を削除することはできますか?
a それ以外の会員情報については、基本的には削除せず「退会済み」という情報を付加した上で、保持いたします。
登録情報の削除を希望される場合はこちらよりお問い合わせください。
q 退会手続き後の利用について教えてください
a 退会を申請されても有効期限日まではご利用可能です。
ただし、有効期限日以降のSkype予約レッスンはキャンセルとなりますのでご注意ください。
q 現在のコースをもって書道JAPANを退会したいのですが、退会はいつ手続きしたらよいですか?
a 退会を申請されても有効期限日まではご利用可能です。
次のコースの自動更新はありませんのでコースを受講しない限りは、料金は発生しません。
ただし、有効期限日以降のSkype予約レッスンはキャンセルとなりますのでご注意ください。
q 再入会した場合、コースは引き継がれますか?
a コースに関しては、退会期間中も日数カウントの対象となりますので、受講開始日から規定日数の経過後は、引き継ぐことはできません。
q 再入会した場合、退会前の情報は引き継がれますか?
a 退会前の情報が引き継がれます。
ただし、個人情報の削除申請により会員情報が削除されている場合、新規会員としての登録になります。
q 再入会の手続き方法を教えてください
a 以前ご利用されていたアカウント情報で書道JAPANにログイン後、各コースへの受講手続きが行えます。
なお、再入会後は、退会前の情報が引き継がれます。

料金について

q 各コースの料金はいくらかかりますか?
a ホームページ内COURSESからご確認ください。
q どのような支払い方法がありますか?
a 書道JAPANのコース受講にてご利用いただけるお支払方法はPayPalによるお支払となっております。
PayPalの詳しい情報はこちらからご確認ください。
q 受講期限の確認はどこからできますか?
a 受講期限は、マイページ - 受講履歴よりご確認いただけます。
q 継続して利用をしたいのですが、手続きと支払いはどのようになりますか?
a 受講コースを選択してのお支払いとなります。
受講中のコース終了以前に次のコースにはお申込みができません。
q 受講コースを変更したい場合はどうしたらよいですか?
a 途中でのコース変更はできません。
コースは複数受講できますので、追加受講という形でお願いいたします。
q 途中で退会した場合、返金してもらえますか?
a 退会をしても有効期限までご利用いただけますので、返金はいたしておりません。
q 受講料の領収書は発行してもらえますか?
a 発行いたします。
なお、領収書発行には、以下の必要な情報をお問い合わせフォームよりご連絡をお願いいたします。
・決済日
・決済金額
・領収書の宛名
・但書
※ご指定がない場合は、「オンライン書道受講料」で発行いたします。
※実際のサービスと異なる品名では発行できません。(例:書籍代など)
・発行方法
PDF形式で発行し、メールにてお送りいたします。

コース

q コースはどのように始まりますか?
a アカウント登録をして、受講コースを選択した日からスタートします。
マイページに表示される進行目安にそってレッスンを進めていきます。
q 子供もコースを受講できますか?
a お子様も受講は可能です。
年齢制限はありませんが、Skypeを利用した30分間の添削講義をきちんと受講でき、課題を写真データかスキャンデータで送付できるのであれば、保護者様の承認とご協力のもと、お子様でも受講可能です。日本語学習経験が全くない場合は、10歳以上がオススメです。
日本語学習経験がある、または日本人の親などであるお子様であれば、保護者様のご協力のもと、8歳くらいからでも可能な場合もあります。ご質問など、お気軽にお問い合わせください。
q 海外でもコースは受けられますか?
a 海外からも書道JAPANのサービスはご利用いただけます。
なお、Skypeレッスンの時間は、代表的な英語圏の各国時間を選択できます。
ご希望の時間表示がない場合は、お近くの都市の時間表示をお選びいただき、時差を考慮していただくか、日本時間との時差を計算してご予約をお願いいたします。
q 自分が用意した教材でレッスンを受講することはできますか?
a 講師とご相談の上、リクエストコースを選択していただければ、可能です。
ただし、全てにご対応できるとは限りませんのでご了承ください。
事前にご相談ください。
q 英語以外での受講はできますか?
a 現在のところ、英語、または日本語での対応とさせていただいております。
q スマートフォンやタブレットでも講義を見ることはできますか?
a スマートフォンやタブレットで講義を見ることは可能です。
Skypeレッスンもスマートフォンやタブレット専用のSkypeアプリケーションを使うことで受講できます。
場合によって、電波状況や通信速度の影響で音声や映像が途切れることがあります。回線が安定しない場合は、3G/4G接続ではなくWi-Fi接続に切り替えていただくことをお勧めいたします。
q カメラがなくてもSkypeレッスンの受講はできますか?
a カメラがないとお客様に講師側の画像をご覧いただくことはできても、お客様側の書き方などを見せていただくことはできなくなります。
より詳細なレッスンを受講していただくためにもカメラのご用意をしていただくことをお勧めいたします。
q Skypeレッスン開始に間に合わなかったらレッスンは受けられませんか?
a 開始時間から5分以内の場合、生徒さんから講師へコールをお願いいたします。
それ以降ですとグループレッスンの場合は、他の生徒さんのご迷惑になりますので、コールをいただいても受信できない場合があります。
10分経過後は、欠席扱いとなり、1回分のSkypeレッスンは消化したことになります。ただし、画像での添削は行いますので、そちらをご確認ください。
また、生徒さんの都合でレッスン開始時間が遅れた場合、レッスン時間の延長は行っておりません。
q いつもと違うSkype名でのレッスン受講はできますか?
a はい、いつもと違うSkype名でもレッスンを受講することが可能です。
ただし、開始1時間前までにマイページの「ユーザー情報変更」よりSkype名の項目を変更いただく必要がございます。
※上記変更処理を行わず、ご登録されているものとは別のSkype名をご利用し、講師から連絡が取れなかった場合は、1回分のSkypeレッスンは消化したことになり、振替などは行えませんので、ご注意ください。

予約・キャンセルについて

q Skypeレッスンの予約は何時間前までできますか?
a レッスン開始の1時間前まで予約可能です。
q Skypeレッスンの予約の仕組み(予約可能数)を教えてください
a ご予約いただいたレッスンが完了後に翌日以降のレッスンが予約可能となります。
q Skypeレッスンの予約方法を教えてください
a ログインをして、マイページ内の「Skypeレッスン予約」よりご希望の日時を選択してご予約いただけます。
q Skypeレッスンの予約ができませんが、なぜでしょうか?
a ご予約ができない場合、以下の原因が考えられます。
・予約可能席数が「0」となっている
→予約可能席数が「1」以上ある日時を再度ご指定ください。
・コース受講の決済ができていない
→コース受講の決済が完了しているかご確認ください。
上記のケースに当てはまらない場合や原因がわからない場合は、お問い合わせフォームよりご連絡をお願いいたします。

q 生徒がSkypeレッスンを無断で欠席した場合のペナルティーはありますか?
a いいえ、無断欠席による生徒さんへのペナルティーはありません。
ただし、レッスンは消化扱いとなりますので、あらかじめご了承くださいませ。
q Skypeレッスンを受講しなかった場合、レッスンの繰越はできますか?
a レッスンをご受講されなかった場合でも翌日以降への繰越はできません。
レッスンは消化扱いとなりますので、あらかじめご了承くださいませ。
q Skypeレッスン予約日時の変更・キャンセルはできますか?
a 時間変更・キャンセルは、予約日時の24時間前までであれば行えます。
キャンセル処理を行いませんと欠席扱いとなり、レッスンは消化扱いとなりますので、あらかじめご了承くださいませ。

Skypeについて

q Skypeのプライバシー設定の解除方法を教えてください
a Skypeにログイン後、「ツール」→「設定」→「プライバシー」→「詳細設定」→ 「通話を許可」→「誰でも」で通話のプライバシー設定を解除できます。
q 知らない人物からコンタクトリクエストが届きましたがどうしたらよいですか?
a 講師のSkype名または、キャンセルのご連絡にはshodo.japanもしくはteacherが入っています。これらとは関係のない、身に覚えのない人物からのコンタクトリクエストは承認されないようお願いいたします。
q Skypeでビデオ通話をする方法を教えてください
a ビデオ通話をする方法は以下の通りです。
◆講師からビデオ通話にてコールがかかってきた場合
コールを受ける際に、ビデオ通話のアイコン(ビデオカメラのアイコン)を選択して下さい。

◆お客様からビデオ通話でコールをかける場合
コールをかける画面の左上にある、ビデオ通話のアイコン(ビデオカメラのアイコン)をクリックしてください。
詳しくは、Skypeのホームページでご確認ください。
https://support.skype.com/ja/faq/FA10812/
q 講師からレッスン時間外にも関わらずURL付きのメッセージが送られてきましたが、クリックをしても問題ないでしょうか?
a 書道JAPANでは、トラブル防止のため、Skypeレッスン時間外の生徒さんへの連絡は、マイページ内の「書道 JAPANからのお知らせ」か「先生からのコメント」、または、メールなどで行います。Skypeレッスン時間外にこういったURLが送付された場合、講師や書道JAPANのSkypeがウィルスに感染し、自動で送信された悪意のあるURLの可能性もございますので、絶対にクリックせずに、お問い合わせフォームより、ご連絡をお願いいたします。送信されたメッセージやURLもコピーをしてお送りください。(※コピーする場合はURLをクリックしないよう充分にご注意ください。)
q Skypeの言語を変更する方法を教えてください
a Skypeにログイン後、「ツール」→「言語を変更」から、Skypeで使用する言語を変更することができます。
q Skype名の確認方法を教えてください
a Skype名は、以下いずれかの方法にて確認できます。

1.Skypeの起動後、ウィンドウの上部に表示されます。
2.各デバイスごとのSkype名を見つける方法は、下記ページをご確認ください。
Skype名の確認方法
3.Skypeの起動後一度ログアウトすると、パスワードを入力する上の欄に、これまでログインしていたSkype名が表示されます。
q Skype名とSkype表示名の違いが分かりません
a 登録用には必ずSkype名をご利用ください。
Skype表示名を登録した場合、講師からのコールが届きません。
Skype名の確認方法は、以下ページをご確認ください。
Skype名の確認方法
また、Skype名が誤って入力されていた場合、
書道JAPANにログイン後、マイページへアクセスしてSkype名の項目を修正してください。

Skypeの初期設定について

q Skypeについて教えてください
a マイクロソフト社が提供するインターネット電話サービスで、
テキスト、音声、カメラを利用してリアルタイムにコミュニケーションが取れるソフトです。
q Skypeの利用に別途費用はかかりますか?
a 別途費用は一切かかりません。Skypeは無料でダウンロードでき、利用も無料です。
q Skypeのダウンロード方法がわかりません。
a 下記よりSkypeをダウンロードしてください。
Skypeのダウンロード
q Skypeの起動方法を教えてください
a ◆Windowsの場合

デスクトップに表示されているSkypeのアイコンをクリックするとSkypeが起動します。
デスクトップにSkypeのアイコンがない場合は、スタートボタン(画面左下の丸いボタン)より、プログラム→Skype→Skypeの順に選択すると、Skypeが起動します。

◆Macの場合

デスクトップやDockに表示されているSkypeのアイコンをクリックすると、Skypeが起動します。
デスクトップやDockにSkypeのアイコンがない場合、Dockの一番左にある「Finder」より、アプリケーション→Skypeの順に選択するとSkypeが起動します。

トラブルで困ったとき

q 講師からのコンタクトリクエストが届かないのですが、どうしたらよいでしょうか?
a <レッスン開始から5分以上前の場合>
講師へは、レッスン開始5分前までにお客様へ
コンタクトリクエストを送るよう指導しております。

しかしながら、お客様のレッスン前に、別のレッスン等がありますと
コンタクトリクエストを早めに送れないことがございます。

恐れ入りますが、レッスン開始5分前までお待ちいただきますよう、お願いいたします。

<レッスン開始直前(5分以内)の場合>
まれに、Skype側のトラブルにより、コンタクトリクエストが届かない場合がございます。
恐れ入りますが、お問い合わせフォームより、ご連絡をいただけますようお願いいたします。
q 講師からSkypeのコールが来ないのですが、どうしたらいいですか?
a 様々な原因により、講師からのコールが届いていない可能性がございます。

大変お手数ですが、お客様より講師への
コールをお試しいただきますようお願いいたします。

また、お客様のSkypeの「プライバシー設定」が下記に設定されている場合、
コンタクトリクエストを承諾していない、
連絡先リストにアカウントが追加されていない講師との
通話を行うことはできませんので、ご注意ください。

----------------------------------
Skype画面上部のツールバー「ツール」→「設定」→
「プライバシー」→「プライバシー設定」→「通話を許可」の項目
●連絡先リスト上のユーザーのみ
----------------------------------
q 講師にコールするにはどうしたらいいですか?
a 講師のSkype名は、コース受講スタート時にお知らせいたします。
そちらをSkype名で検索いただきコールをお願いいたします。
q 通話中の音質、画質がわるいのですが、どうしたらいいですか?
a 通話中の音質などが悪い場合は、下記のページをご確認ください。
通話品質の問題
q 講師に自分の声が届いていないようなのですが、どうしたらいいですか?
a 下記をご確認ください。

・ヘッドセットのヘッドホンとマイクのプラグ端子が正しいジャックに接続されているか。
・画面右下の音量アイコン右クリックで、マイクの音量を確認し、ミュートになっていないか。
・Windowsのスタートメニュー→「コントロールパネル」の「オーディオ」→「録音」で、ヘッドセットに相当する機材がオフになっていないか。
・他のパソコンでそのヘッドセットは動くのか、お使いのパソコンに別のヘッドセットを差し込んで動くか。
さらに、マイクがSkypeに限ってミュートになってしまう現象も報告されております。
ミュートになってしまう可能性としては、

1:マイクの設定でミュートになっている
・マイクのスイッチがオンになっているか、音量が正しく設定されているか、正しく挿入口に挿されているか。
・Skype以外のソフトウェアにて、ご自身の音声が正常にパソコンに録音できるか。
2:PCの設定でミュートになっている
・Windowsのスタートメニュー→「コントロールパネル」の「オーディオ」→「録音」で、ヘッドセットに相当する機材が正常に動作しているか。
・Skypeの設定でミュートになっている
・Skype上部の「ツール」より、「設定」→「オーディオ設定」→「マイク」とお進みいただき、「音声設定の自動調整を有効化」のチェックが外れているか。
q 講師の声が聞こえないのですが、どうしたらいいですか?
a 原因特定のため、下記ページにてセルフチェックをしてください。

Skypeの音質確認作業

また、合わせて下記をご確認ください。

・ヘッドセットのヘッドホンとマイクのプラグ端子が正しいジャックに接続されているか。
・マイクの音量を確認し、ミュートになっていないか。
・画面左下、Windowsボタンより、「コントロールパネル」→「ハードウェアとサウンド」→「オーディオデバイスの管理」において、ヘッドセットに相当する機材がオフになっていないか。
・Skypeの「ツール」→「設定」→「オーディオ設定」にて、音量が適切に設定されているか。
上記を確認いただいた後も問題が発生する場合は、スピーカーやヘッドセットそのものに問題がある可能性があります。
別のパソコンにヘッドセットを繋ぎ、正常に動作することを確認してください。
q レッスン中に通話がきれてしまいましたが、どうしたらいいですか?
a 通話切断後、講師から折り返しのコールもしくはメッセージが来ない場合は、
大変お手数ですがSkypeのコールボタンより
生徒さんより講師へコールをお試しいただきますようお願い致します。

上記方法でも講師と連絡が取れない場合は、大変お手数でございますが、
お問い合わせフォームよりご連絡いただけますようお願いいたします。

q Skypeのユーザー名とパスワードを忘れてしまいました、どうしたらいいですか?
a Skypeのユーザー名とパスワードを忘れてしまった場合は、下記ページの問題解決方法をお試しください。
ユーザー名やパスワードを忘れてしまいました
q 書道JAPANサイトにログインできないのですが、どうしたらいいですか?
a サイトにログインできない場合、以下の4点をご確認ください。

1:メールアドレス、パスワードに誤りがないか。
2:英字の入力が大文字入力になっていないか(「abc」と打つと「ABC」と大文字で出力されないか)。
→キーボードの左側にある「Shift」キーと「CapsLock」キーを同時に押すと、小文字入力と大文字入力が切替える事ができます。
3:入力されたパスワード又はメールアドレスの間、もしくは前後にスペースが入っていないか。
4:クッキーを受け入れる設定になっているか(ツール→インターネットオプション→プライバシーで変更可能です)。

書道の道具について

q 固形墨と墨汁の違いってなに?
a ※なぜ学童用かというと原料には、合成樹脂を使用しており、その方が乾きが早いのです。学校などで、いつまでも乾かない半紙では、汚してしまうことが多いので、その点を工夫して作られたので、学童用としています。
液墨、墨汁といわれるものと固形の墨では、何が大きく異なるかというと、固形の墨は、古来からのものですから、自然な原材料で作られています。そのため、筆を傷めることがなく、上質な固形墨から書かれた書の作品は、経年による劣化があまりないといわれます。
液状の墨は、現代になって、印刷技術などの発展とともに開発されたものです。工業的に作られた炭素を合成樹脂と水を混ぜて作られています。更には、防腐剤も使用している製品もあります。そのため、動物の天然の毛でできている筆を科学的な物質に晒していたら、痛みも早いというわけです。
また、作品にしたときの経年での劣化も天然の墨よりは、あります。
to top